生理痛やPMSを軽減する食材のチカラ。

コラム掲載
食べ物のチカラで、女性の不調を解消!簡単ヘルシーなお手当てドリンクとプチ知識

第5回となる今回のテーマは「生理トラブル」です。デリケートな悩みなので、なかなか人に相談することが難しいと感じている方も多いのでは。トラブルの傾向別に、どんな対策を取ればいいのかをご紹介します。

第五回
テーマは「生理トラブル

こんにちは。マクロビ料理講師の松井延子です。

今回のテーマは、女性特有の生理トラブル、前回の「冷え」にも通じるお話しです。なぜかというと、生理トラブルのある女性は血の不足や血のめぐりが滞っていて、たいていの場合、「冷え」の症状が出ているから。

もしもあなたが、長い期間、生理トラブルに悩まされていたとしても食の活習慣を変えて、体調が整っていくと、自然に、トラブルが軽減されていく可能性も。あきらめず、少しずつでもいいので、習慣を変えていけるといいです。

改善のポイントは、最初にお話しした冷え対策とストレス軽減。まずは生理トラブルのタイプ別チェックをしてみてください。

あなたの「生理トラブル」のタイプは?

Aタイプ、Bタイプ、当てはまるものがいくつかあるのか、チェックしてみてください。

 Aタイプ

☑️ 冷えがある
☑️ニキビや吹き出物ができやすい
☑️経血に血のかたまりがある(時々ある)
☑️経血の色が、ドス黒い赤
☑️ 生理の時に腹痛や頭痛がある

 Bタイプ

☑️ 冷えがある
☑️ やる気が出ない、疲れやすい(特に生理前)
☑️ 生理前になるとイライラする
☑️ 生理前になる食べる量が増える(甘いものに手が伸びる)
☑️ 肩がこっている

【Aタイプが2つ以上当てはまる人】

月経が始まると下腹部が痛くなるなど、生理痛に悩まされていませんか。

薬を使わないと日常生活が送れない、という方は、できるだけ早く体質改善ができるといいです。経血に、ドロッとした塊がある方は、普段から血の巡りが滞りがちな場合も。生理一週間前くらいから、特に「控えめにしたい食材」を意識してください。体調が整ってくると、経血は塊がなく、キレイな赤い色になっていきます。(毎回、経血をチェックしてくださいね)

また、生理痛を改善させるには、「冷やさないこと」が、ポイントになります。夏はクーラーや冷たい飲み物、食べ物の影響で、カラダが冷えている人が多いので、特に、お腹や下半身を冷やさないように意識しましょう。外出先に羽織るもの持っていく、靴下を履く、温かい飲み物を飲むなどの習慣も大事です。

今回は、お手当てドリンクの代わりに、ぬか袋という、「ぬか、塩、米」を使った天然カイロのつくり方をご紹介。

じわじわ〜と温まるので、クーラーで冷えたカラダにもぴったり。寝る時に、ぬか袋で、お腹、足、腰、首などにあて、温めるのがおすすめです。

ぜひ試してみてください!!

【食材の引き算】= 控えめにしたい食材

氷が入った飲み物、夏の果物

【食材の足し算】= 積極的に摂りたい食材

味噌、小豆、黒豆、ひじき、小松菜、ニラなど

【Bタイプが2つ以上当てはまる人】

生理前になると、決まってお腹が痛くなったり、不調になったり、急に食欲が増したり。そんな症状が現れませんか?

そんな方は、月経前症候群(以後PMS)の可能性があります。PMSの方は、冷えなどによる血の滞りの他に、ストレスや不安、緊張などが重なると、肝機能にも影響し、イライラ、怒りっぽいなどの症状が出ることも。特に今年の春先は、自粛生活を余儀なくされていたので、生理痛、イライラ、だるさなどの症状が激しくなっている方もいらっしゃるのでは。

そんな方にオススメなのが、香りの良い柑橘類。柑橘類=果物なのですが、果物をそのままたくさんいただくと、冷えが促進するので、料理のアクセントとして使うのがおすすめです。例えば、ドレッシングを作る時に、お酢の代わりに柑橘類を加えたり、お肉や魚をいただく時に、レモンやゆずの汁を加えるという感じです。

また、柑橘類以外にも、梅干しや梅酢の酸味もイライラに役立ちます。梅干しの酸味=クエン酸は、血の巡りをよくして、免疫力を高める働きもあり、夏バテ対策にもおすすめ。

また、梅干しをつくるときの副産物である梅酢は、寿司酢やピクルスを作るなど、幅広く使える食材です。カラダに必要な酸味。ぜひ工夫しながら、食生活に取り入れてみてくださいね。

【食材の引き算】= 控えめにしたい食材

お酒、スイーツ類、揚げ物(油っぽいもの)

【食材の足し算】= 積極的に摂りたい食材

梅干し、梅酢、レモン、ゆず、セロリ、しそ、生姜など


オススメのお手当て

ぬか袋(天然素材でつくるカイロ)

食材で作る天然のカイロ「ぬか袋」
材料は米、塩、ぬかからできていて、温めるといい香りがする

材料(ぬか2:米2:塩1の割合)

☆中身の量は、袋の大きさによって調整してください

ぬか 200g

米 200g(白米、玄米、もち米、いずれでも)

塩 100g(食塩、岩塩、自然海塩、いずれでも)

木綿の生地 約32㎝×17㎝

作り方

1.ボウルに、米ぬか、米、塩を良く混ぜておく。

2.木綿の布地を、表地が内側になるようにして、約32㎝×17㎝に切る。

3.縫い代を1〜2cmとり、細かいミシン目で、3辺を縫い、袋にする。

4.袋をひっくり返して表地を出し、3の袋の中に1を入れる(目安は袋の半分弱くらい)。

5.袋の口を内側に追って、残りの1辺を外側から縫い合わせて出来上がり。

温め方

電子レンジ(500W)で1分から1分30秒を目安に加熱。カラダの温めたい箇所にあてる。

使用上の注意

※お布団に入って温めるのがおすすめ(そのまま寝てもオッケー)。

※使用は、一度に2回くらいまで。再度温めるときは、半日以上経ってから。

※連続で加熱しないようにしてください。

※毎日使った場合の寿命が約1年。ときどきなら2〜3年くらい。

※以下のような場合は、使用期限内でも使用しない。

  • 焦げたような匂いがする
  • 中身が塊になった場合
  • 加熱してもすぐ冷めるなど

オススメのお手当てレシピ

梅酢のピクルス

材料は他に、キャベツ、セロリ、ズッキーニなど

材料(つくりやすい分量

人参 1/4本(短冊切り)

きゅうり 1本(適当な長さに切り、たて半分はたは1/4にする)

みょうが 3本(たて半分または1/4にする)

梅酢 70ml(約1/3カップ)

りんご酢または純米酢 50ml(約1/4カップ)

水 70ml(約1/3カップ)

てんさい糖 大さじ1(酸っぱめがお好みの場合は入れなくても)

☆梅酢は自然食品店またはネットショップで販売しています。自家製もOK。 梅酢の代わりに、リンゴ酢や純米酢を増量してつくっても。

作り方

1.鍋にたっぷりの水を入れて沸騰させ、切った人参、みょうがをサッと湯通し(20〜30秒くらい)し、ザルにあげて水気を切る(きゅうりやキャベツは生のままでOK)。

2.炊き上がったら、全体を均等に混ぜて完成。鍋に水、梅酢、りんご酢(米酢)、てんさい糖を入れて沸騰させたら、冷ましておく。

3.瓶などの容器に1と2を入れ、蓋をして冷蔵庫で保存する。半日くらいすると食べられる(冷蔵庫で2〜4日保存できる)


<連載>
食べ物のチカラで、女性の不調を解消!簡単ヘルシーなお手当てドリンクとプチ知識
第1回 元気なカラダになるために、簡単デトックスから始めよう
第2回 「花粉症」 きっちりデトックスして 花粉対策!
第3回 干した椎茸や大根を味方にして、ツライ頭痛を軽減!
第4回 冷えとサヨナラするために、梅雨〜夏も温活を!
第5回 生理痛やPMSを軽減する食材のチカラ。
第6回 おなかの環境を整える食材で、便秘を解消


松井延子(まつい・のぶこ)

マクロビ料理講師、望診法指導士

都内で子連れOKのマクロビオティック料理教室・蓮の実キッチン主宰。忙しくても時短&ヘルシーにできるレシピが人気を集め、ナチュラル離乳食幼児食クラスは、これまで1000組以上の親子が受講。梅干しづくり、甘酒、塩麹などの発酵料理にもチカラを入れている。キッチンにある食材を使って不調を改善させる「お手当てクラス」、スムージーやお手当てを使って自宅でできる「自立型ファスティングクラス」など、情報だけに頼らない、体感&実践型のオリジナルクラスを多く開催。38歳、マクロビの食生活で、長男を自然分娩。43歳で、次男を自宅出産。妊活中の女性から、子育て中のママまで、食とココロからアプローチする個人セッションにより、多くの方の体質改善や自立支援を行っている。桶谷式の小冊子「育児通信」でお手当てや食材の連載。オーガニック雑誌「クーヨン」などでレシピ提供など。2020年初夏より、「食とココロを整えるオリジナルメソッド」による講師養成講座を開講予定。

https://hasunomi.com

編集・フレンドクック